お知らせ NEWS

日本ハム株式会社
株式会社北海道日本ハムファイターズ
株式会社北海道ボールパーク

日本ハム株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:畑佳秀)、株式会社北海道日本ハムファイターズ(本社:北海道札幌市、社長:竹田憲宗、以下「ファイターズ」という)及び「株式会社北海道ボールパーク(本社:北海道札幌市、社長:福田要、以下「(株)北海道ボールパーク」という」)」は、2018年3月26日の建設候補地内定以降も新球場建設構想に関して多角的な観点で調査・検討を行ってまいりました。
協議を重ねた結果、2023年3月開業に向けて正式に新球場を建設することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

イメージ イメージ

1.名称

北海道ボールパーク(仮称)

2.建設予定地

北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)

3.新球場の概要

【建設費用】約600億円 球場周辺外構部及び球場内設備・機器等を含む
【仕  様】開閉式屋根 天然芝フィールド
【建築面積】約50,000㎡
【延べ面積】約100,000㎡
【収容人数】約35,000人
【構  造】RC造 S造
【階  数】地下1階、地上4階

4.施主と発注先

【施  主】日本ハムグループを主体とした新球場保有・運営会社(2019年秋設立予定)#1
【PM・CM】山下PMC
【発 注 先】大林組グループ(大林組社、HKS社)
設計施工一体型発注

5.建設スケジュール(予定)

【2018年11月】基本設計及び実施設計期間
【2020年 春頃】建設着工
【2023年 1月】竣工
【2023年 3月】開業

6.コンセプト

“北海道のシンボル”となる空間を創造する』
食とスポーツを有機的に融合させることで健康を育み、道民・市民・ファンの皆様が愛着と誇りを持てる施設を目指します。

7.イメージ画像

選手のパフォーマンスが最大限活かされる新球場を核に、国際競争力を有するライブ・エンターテイメント、として『世界がまだ見ぬボールパーク』を目指します。

イメージ

特徴的なガラス壁面が織り成す圧倒的な開放感の実現

イメージ

天然芝フィールドを実現する開閉式屋根

イメージ

周囲の自然に溶け込む建築デザイン

#1)施主となる新球場保有・運営会社は、資本金200億円超、日本ハムグループの出資比率は66.7%、他の33.3%は外部パートナーを想定しています。なお、同社筆頭株主はファイターズです。

イメージ

イメージ株式会社大林組は1892年の創業以来、「誠実なものづくりの姿勢」や「技術力」というDNAを根幹に、時代を象徴する建設物を完成させてきました。1911年には東京中央停車場(現在の東京駅)を受注。その後、大阪城天守閣の再建や東京湾アクアラインの建設、近年では六本木ヒルズ、東京スカイツリーの建設にも携わりました。また、スポーツ施設では、甲子園球場や京セラドーム、ノエビアスタジアム神戸などの建設を担当。現在は東京五輪アクアティクスセンターを建設中です。
大林組がめざす姿は「地球に優しいリーディングカンパニー」。省エネ技術など次世代の技術開発を行いつつ、建設事業で培ってきた技術を活かして再生可能エネルギー事業へ参入するなど、新しい領域にも事業を拡げています。
札幌支店は、1938年3月に営業所として北海道に進出して以来、現在まで約80年にわたり、北海道とともに歩んできました。
大林組の持つ幅広い経験と最先端の技術をもって、世界に誇れる北海道ボールパークの建設に誠心誠意取り組んでいくとともに、これからもさまざまな事業を通じて北海道の発展に貢献していきます。

株式会社大林組
本社 東京都港区港南2-15-2
代表取締役社長 蓮輪 賢治
https://www.obayashi.co.jp

イメージHKSは喜び、癒し、そしてユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できる場所を提供することで、世界中のお客様に新しい価値をお届けするデザイン設計事務所です。我々のデザイナー達は世界各地で、クライアントの皆さんが抱える大きな課題を、美しく、合理的なデザインによって解決することに情熱を注いでおります。病院、学校、娯楽施設、そしてスポーツから街づくりまで、分野を問わず、様々な業界の隅々に至るまでイノベーションの風を吹き込んでいます。
HKSは1939年に創立され、現在世界各地に広がる24拠点にて建築家、インテリアデザイナー、アーバンデザイナーを含む、約1,400人のプロフェッショナル集団を通じて様々なプロジェクトに携わっています。
私たちのスポーツ事業は、世界から高い評価を受けている事業の1つです。世界で培ってきたデザイン力を駆使し、パートナーやファンが一体となって楽しめ、さらに収益力のある場所を創造していきます。HKSを代表する作品にはテキサス・レンジャースのグローブライフフィールド、ミネソタ・バイキングスのUSバンクスタジアム、現在建設が進んでいるロサンゼルス・ラムズスタジアム等があります。
HKSはこれまでに培われた経験と知識、そして情熱を注ぎ、北海道の新しいシンボルとなるボールパークの創造に貢献してまいります。

HKS.INC
[headquarters] Texas Registration No. 6541
350 N Saint Paul Street  Suite 100
Dallas, TX 75201
Dan Noble, President & CEO
http://www.hksinc.com/

ロゴ

株式会社北海道日本ハムファイターズ(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:竹田憲宗、以下「ファイターズ」という)、日本ハム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:畑佳秀)、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本敏博)の3社は、株式会社北海道ボールパークを設立いたしました。

株式会社北海道ボールパークは、2023年開業予定のファイターズの新球場建設構想の実現に向け、ボールパーク全体の敷地計画から球場のデザイン、関係各所との協議・検討、事業面におけるフィジビリティスタディ等を担って参ります。会社概要等の詳細は下記の通りです。

会社概要

名称
株式会社 北海道ボールパーク(英字表記 : Hokkaido Ballpark Corporation)
所在地
北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地(ファイターズ事務所内)
出資金
5億4,000 万円
出資比率
株式会社北海道日本ハムファイターズ
37.04%
日本ハム株式会社
33.33%
株式会社電通
29.63%
設立日
2018年3月26日
役員
代表取締役社長
福田 要(日本ハム スポーツコミュニティ部 シニアマネージャー)
取締役
島田 利正(日本ハム スポーツコミュニティ部 スポーツ推進担当)
取締役
前沢 賢(北海道日本ハムファイターズ 取締役 事業統轄本部長)
取締役
三谷 仁志(北海道日本ハムファイターズ 執行役員 事業統轄副本部長)
取締役
若林 亮(電通 スポーツ局 国際スポーツ2部 部長)
監査役
芝 昭彦(芝経営法律事務所 弁護士)
監査役
奥山 弦(北海道日本ハムファイターズ 監査役)
事業内容
ファイターズ新球場建設構想の実現に向けたボールパーク計画の推進。